会社方針

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミッションステートメント

・日本中古計測器販売株式会社の経営目的は、資産の橋渡し役となり、不要な資産を買取して必要とする方へお渡し出来ることを喜びに感じながら、お客様と弊社が共に成長していくことである。同時に、廃棄品をなくし、世界規模でのリユースを実現させていくことである。


代表メッセージ

CEO

「まだまだ使える計測器・分析機器が廃棄されているのでなんとかしたい」という思いから弊社を立ち上げいたしました。23歳からリサイクル業界で働いていく中で、個人のリユースは進んでいるが法人のリサイクルが進んでいないということが気になっていました。その中でも、オフィスデスクやキャビネットなどの什器類はリユースが行われていますが、研究開発部門で使われている計測器・電子測定器・分析機器等(以下、計測器)は一部の法人ではリユースが行われてはいますが、まだまだリユースが行われていないというのが現状です。
法人の場合は計測器のほとんどが資産扱いとなっています。資産は帳簿上で管理され、償却期間が過ぎると価値は0円という扱いになってしまいます。しかし、計測器は使用開始から10年~20年たってもまだまだ世界的に需要のあるものがたくさんあります。
私は実際に法人をご訪問させていただいた際に廃棄品置き場に、まだまだリユース出来る計測器があることをたくさん見てきました。廃棄扱いにしたものは現場の責任者の判断で譲渡することは出来ませんので、そのまま廃棄されてしまいました。
法人にとって利益を追求することが当然の行為ですが、と同時に、コストをカットすることが必要不可欠です。廃棄にすると廃棄代がかかってしまいます。資産価値0円のものでも実際に廃棄するとマイナス価値となってしまいます。では、資産0円のものが買取りされてプラス価値となったらどうでしょうか。単なる金銭面だけではなく、法人の地球環境への貢献が出来ます。リユースによって別の方の手に渡り大切に使われることは、長く働いてくれた計測器への第2の人生となりうるのではないでしょうか。もちろん機械は感情を持ちませんが、私たちが本来持っているモノを大切にする気持ちを満たすことが出来るのではないでしょうか。
弊社は計測器の買取専門部門として、「日本中古計測器販売株式会社 買取センター」を開設しております。専門店だから出来る高価買取りとお客様の手間を少しでも省く努力を惜しみません。
「こんなものまで買取ってくれるの?」というお言葉をよくいただきます。計測器類で買い取れないものはほとんどありません。
ミッションステートメントである「資産の橋渡し役となり、不要な資産を買取して必要とする方へお渡し出来ることを喜びに感じながら、お客様と弊社が共に成長していくことである。同時に、廃棄品をなくし、世界規模でのリユースを実現させていくことである。」を実現するために精進して参ります。
廃棄対象の計測器がありましたら1点でもご相談下さい。すぐにお見積りさせていただきます。
弊社が皆様のビジネスに貢献出来ることを心から感謝しております。


会社概要

社名
日本中古計測器販売株式会社
代表者
伊藤 翔太
本社所在地
〒334-0002
埼玉県川口市領家2-17-5
TEL. 048-299-6516
FAX. 048-299-6616
資本金
500万円
車両
トラック いすゞ エルフ 2tWLサイズ
マツダ ボンゴ バン
取引銀行
川口信用金庫