分析機器について

分析機器

成分・性質・構成物質等を調べるための機器です。

主な機械の名称

  • 液体クロマトグラフ(液クロ): 液体の成分を調べる機器です。
  • ガスクロマトグラフ(ガスクロ): 気体の成分を調べる機器です。
  • 顕微鏡 :物体を拡大して見ることが出来る装置です。

主なメーカー

【最重要メーカー】

  • Agilent (アジレント) / hp(エイチピー、ヒューレット・パッカード)
    ※両方とも同じメーカーです。おおよそ1990年以前はhp、1990年以降はAgilentという社名になっております。
  • Waters(ウォーターズ)
  • SHIMADZU (島津製作所)

※この3社は、液クロ・ガスクロにおいて世界的に中古需要が非常に高いメーカーです。

【その他主要メーカー】

  • Mitutoyo(ミツトヨ)
  • KEYENCE(キーエンス)
  • VARIAN(バリアン)
  • Yamato (ヤマト科学)
  • BUCHI (ビュッヒ)
  • HORIBA (ホリバ 堀場)
  • EYELA (アイラ 東京理化器)
  • TOMY (トミー精工)Thermo (サーモ)
  • PerkinElmer (パーキンエルマー)
  • TAITEC (タイテック)
  • ESPEC(エスペック)
  • Jasco (日本分光)
  • JEOL (日本電子)
  • DIONEX (ダイオネクス)
  • BROOKFIELD(ブルックフィールド)
  • BIO-RAD(バイオラッド)
  • A&D(エー・アンド・デイ)
  • ADVANTEC(アドバンテック)
  • MILLIPORE(ミリポア

【顕微鏡メーカー】

  • ikon(ニコン)
  • OLYMPUS (オリンパス)
お名前


Emailアドレス


お問い合わせ内容をご選択ください。 (※必須)

お問い合わせ内容


画像添付


内容を確認しました。